長引く慢性的な頭痛でお困りの方へ

label頭痛
頭痛

頭痛が起こると痛みや不快感から生活にも支障をきたすため、なんとか早く治したいと思いますよね。

休まず仕事や家事をするために、鎮痛薬を飲んで我慢する方もいるかもしれません。しかし、頭痛の際に薬を頼りすぎると、かえって痛みや症状を悪化させてしまうケースの方が実は多いのです。

そこで今回は、東洋医学の視点から正しい頭痛の解消法をお伝えしていきます。

頭痛が起きたときの一般的な初期行動

女性の頭痛

頭痛にお悩みの方は、まずは病院に行くことが多いと思います。頭痛の専門的なところというと、脳神経外科に行く方が多いでしょう。ですがほとんどの方が対症療法の鎮痛薬を処方されますが、改善されない方がほとんどです。

その後、カイロや整体に行くと治ったという方もいるかもしれませんが、それでも治らない方は頭を抱えてしまいます。

しかし、頭痛が起こったとしても病院に行かないケースもあります。

例えば、ズキズキと脈打つような痛みが特徴の偏頭痛は、身体を動かすと痛みが増すため病院に行けないかもしれません。圧迫されるような痛みが起こる緊張型頭痛は、偏頭痛ほど痛みが強くないため我慢する方もいらっしゃいます。

このような方は市販の鎮痛剤で頭痛をやり過ごすことも多くなるのです。でも、鎮痛剤を多用に使用すると、かえって頭痛がひどくなる悪循環に陥る可能性があります

薬を飲んでいる間だけ症状が落ち着く=頭痛改善ではない!

服用

病院やカイロ、整体で頭痛を訴えると、首から上をみる部分治療をすることが多いです。脳神経外科医などは、脳の断面図を撮影することもあるでしょう。もし異常がなければ、首の骨の並びである頸椎をみます。

診察・診断に基づいて処方された薬を飲むと頭痛が治ったと思う方がいるかもしれませんが、薬を飲んでいる間だけ症状が落ち着いているのは本当の改善とはいえません。これは市販の鎮痛剤を飲んで、一時的に症状が治まることにも同じことが言えます。

鎮痛薬はくり返し服用することで薬の効果が弱くなり、薬を使用する回数や量が増えるといった悪循環を招く恐れがあります。また、鎮痛薬そのものが頭痛の原因となるケースもあるのです。

こうした薬の過剰摂取による負の連鎖を断ち切るために、東洋医学に則った新しい視点をご紹介します。

薬に頼らずその他の症状を合わせて改善できる東洋医学

説明

頭痛は、薬を使って痛みを抑えつけるだけでは根本的な改善には至りません。頭痛の根本原因をしっかりと究明し、正しくアプローチすることが頭痛改善の近道です。そのためには、身体全体をみながらしっかりとカウンセリングする必要があります。

頭痛持ちの方のほとんどが、その他にも多くの不調を抱えています。

例えば鼻炎や花粉症、ドライアイ、円形脱毛症、呼吸器系が弱い、喘息持ち、風邪を引くとなかなか咳が止まらない、風邪を引きやすい、乾燥肌、アトピー体質、手足が冷えやすく汗をかきやすい、生理不順、生理痛持ち、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、不妊症など、挙げるとキリがありません。

これらの症状を持ち合わせて、なおかつ頭痛もあるのです

一見したところ、頭痛とその他の症状は関係していないように見えます。しかし、身体はすべてつながっているため、全体をみて正しく検査することが大切なのです。

一言で頭痛といっても、身体全体をみて施術しないと改善しない方もいるので、そういった場合は東洋医学的な視点が必要になります。

東洋はり灸院に来店すれば頭痛は改善する

鍼灸施術

身体全体をみる必要がある頭痛の中に、低気圧が近づいてくると起こる頭痛があります。これは病院の受診やカイロ、整体ではなかなか改善されません。

しかし東洋医学では、そういった一見原因不明と思われる症状を改善させるのが非常に得意です。

このタイプの頭痛の場合、東洋医学を熟知した現役の鍼灸師であれば、ほぼ改善するでしょう。その証拠に、当店(東洋はり灸整骨院)にいらっしゃった方の大半は改善されています。

一向に改善されない頭痛は東洋はり灸院へ

スタッフ集合

突然の頭痛や慢性的な頭痛に悩まされたときに、薬を長期的に服用するのは危険です。

病院やカイロ、整骨院に通っても改善されない頭痛にお悩みの方は、薬を一切使わない東洋医学専門の東洋はり灸整骨院をオススメします。

身体に優しい東洋医学の鍼灸施術で、頭の痛みをスッキリ解消させましょう。

お悩みのない未来を当院が実現します
割引キャンペーン実施中
WEB予約受付中
タップで電話する
店舗情報