シミ・そばかすについて

手鏡

紫外線や加齢により、年齢を重ねるごとに増えてくるシミやそばかす。一度気になり出すと鏡を見るたびにため息をついてしまうなんてことも少なくありません。

シミやそばかすの治療はレーザーが一般的ですが、実は美容鍼で美肌をアシストできることをご存知ですか?

今回は東洋医学の美肌メソッドと、美容鍼によるシミそばかすへのアプローチ法をご紹介します。

シミ・そばかすの主な原因

シミ・そばかす

シミやそばかすは紫外線と皮膚の老化が主な発症原因です。

皮膚にはメラノサイトと呼ばれる色素を作る細胞があり、メラノサイトは紫外線の照射を受けると活性化される特徴があります。つまり日光を浴びることでメラニンの産生が促進され、シミそばかすができるのです。

また、シミはメラニンの産生と消化でバランスを伴っていますが、加齢によりメラニン色素を大量に持つケラチノサイトという細胞が増えることでも発生します。


この他にも皮膚をこすりすぎるといった慢性的な機械的刺激を受ける、過度なストレス、妊娠なども原因として考えられます。

特に40代以降に増えるといわれ顔や手、背中に現れるシミのひとつ、老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)も覚えておきましょう。

西洋医学のレーザー治療のしくみ

レーザー治療

西洋医学(病院)で行うレーザー治療は、黒い色に反応するレーザー光で肌に溜まっている過剰なメラニン色素を壊して取り除くしくみです。

レーザーでメラニンを壊せばシミの改善は可能ですが、いくつか注意点もあります。

例えば老人性色素斑と間違えられやすい肝斑は、レーザー照射の刺激によりかえってシミが濃くなる可能性があるので要注意です。また、レーザー照射後の肌はデリケートなため、紫外線や摩擦は厳禁となります。

そしてなにより高い費用を払ってレーザー治療をしても、シミやそばかすを再発してしまう人が少なくありません

シミ・そばかすがレーザーで治らない理由

カウセリング

先にお伝えしたように、レーザーはシミそばかすの治療に効果的です。

しかしそれは表面的な治療でしかなく、そもそもの原因である低下した肌状態を整えなければいくらレーザーをしても意味がありません。

つまり身体の内側を整えずに肌の表面ばかり治療するのは、穴の開いたタンクに何度もガソリンを入れて走行しているのと同じなのです。どんなにいい車でも、ガソリンが漏れ出てしまっていてはうまく走れません。

東洋医学はシミを直接的に消すことはできませんが、シミやそばかすの出にくい体質改善を非常に得意としています。

東洋医学の美容鍼でシミ・そばかすにアプローチ

美容鍼

当店ではこうしたシミやそばかすの原因を「瘀血(おけつ:汚れてドロドロになった血)による影響と考えます。

瘀血状態かどうかチェックするにはまず、自分の足を見てみましょう本来青い色をしているはずの静脈が赤紫色になっている人は要注意です。

東洋医学では「皮膚は身体のゴミ捨て場」といわれるように、行き場をなくした瘀血は皮膚に蓄積されます。こうなるといくらレーザーで表面のシミを消しても、しばらくするとまた内側から外側へとシミが現れてしまうのです。

肝臓

瘀血を改善するためには、血の浄化作用のある「肝」を高める施術を行います。

わたしたちの身体には、気(エネルギー)や血液の通り道である経絡と身体のツボ(経穴)が無数にあります。

東洋医学ではこれらを鍼やお灸で刺激し、気血の巡りや経絡とつながっている臓腑を活性化させて不調を改善していきます。

身体はすべてつながっているため、肝の機能が高まると生理痛や子宮筋腫といったその他の不調も改善されるのが東洋医学の強みです。また、瘀血のそもそもの原因であるストレスや砂糖などの甘いもの、食品添加物の多く含まれた食品などを避けていただくよう指導も行っています。

美容鍼

シミやそばかすを根本的に改善するには、東洋医学と西洋医学の良い点を合わせてアプローチをかけることが大切です。つまり東洋医学の鍼で肝の働きや肌状態を活性化させ、西洋医学のレーザーで肌表面のシミを除去していくアプローチが有効といえるでしょう。

何度も病院でレーザー治療を受けても思うような結果が出ない方は、東洋医学の美容鍼もぜひお試しください。

瘀血を改善してシミそばかすのできにくい体質へ!

美容

シミやそばかすは肌の表面的な治療と合わせて身体を内側から整えることが改善の近道です。

東洋医学に基づく美容鍼の施術で、肌本来のハリやみずみずしさを取り戻しましょう!

年々濃くなるシミ・そばかすにお悩みの方は、ぜひ一度当店までご相談ください。

美容鍼についてはこちら

お悩みのない未来を当院が実現します
割引キャンペーン実施中
WEB予約受付中
タップで電話する
店舗情報