子宮内膜症について

子宮内膜症

月経痛や腰痛などの痛みに悩まされる子宮内膜症。放置すると卵巣がんや不妊のリスクも高まってしまう恐ろしい病気です。

病院では原因を特定できないため対症療法しか行えませんが、実は東洋医学で病気を根本から改善できる可能性があります。

今回は東洋医学からみた子宮内膜症の特徴や改善方法について解説していきます。

  • 子宮内膜症の症状で悩んでいる
  • 子宮内膜症を根本から改善したい

上記に当てはまる方はぜひ最後までご覧ください。

子宮内膜症とは

腹痛の女性

子宮内膜症とは、本来であれば子宮の内側に存在する「子宮内膜」が腹膜や卵巣、卵管などにできてしまう病気です。

子宮内膜は受精卵を受け止めるベッドの役割を担っており、排卵に合わせて増殖し、月経時に剥がれ落ちて出血します。しかし、子宮内膜症の場合は剥がれ落ちた子宮内膜を外に出せないため、たまった血液による炎症や癒着によって痛みが生じるのです。

症状としては激しい月経痛や腰痛、性交痛、排便通などに加えて不妊症を引き起こすこともわかっています。

子宮内膜症の原因は病院では解明できない?

レントゲン

子宮内膜症の症状が現れた方は婦人科を受診しますが、残念ながら病院では子宮内膜症の原因はわかっていません。

原因がわかっていない病気を根本から治療することはできないため、病院では症状をコントロールする薬物療法が選択されます。排卵を休ませる薬や、女性ホルモンを低下させて月経を止める薬などが用いられますが、どれも効果は一時的であり薬の効果が切れると痛みが現れます。

症状が重い人には手術が行われることもありますが、子宮内膜症は月経がある限り再発する可能性があるため、手術で完全に病気が治るとは言えません。

子宮内膜症の原因は「お血」にある

お血

東洋医学では、子宮内膜症の原因は「お血」と呼ばれる体質にあると言われており、施術方法も確立しています。

お血とは、体内の血液が汚れていたり、うまく循環できていなかったりする状態のこと。血液は体に酸素や栄養を運ぶ役割を担っているため、血液に問題が発生すると体に以下のようなさまざまな異常が現れます。

  • 生理痛
  • 生理不順
  • PMS
  • 些細な出来事でイライラする
  • シミができやすい
  • 乾燥肌
  • 白髪ができやすい
  • 爪の不調(巻き爪、爪が割れやすいなど)
  • 冷え
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 腰痛
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 睡眠障害 など

東洋医学が子宮内膜症の原因を特定できる理由

五臓

東洋医学が子宮内膜症の原因を特定し、症状を改善できるのは「森を見て木を治す」という考え方があるからです。

「森を見て木を治す」とは、体に出ているさまざまな不調から不調の根本原因を探る考え方のこと。子宮内膜症の場合、生理痛だけでなく腰痛や冷え性、乾燥肌、ドライアイ……と体に現れている異常のサインから原因を特定していきます。これは、生理痛は婦人科、腰痛は整形外科、乾燥肌は皮膚科……と診療科がバラバラになっている病院とは大きな違いです。

子宮内膜症の場合、原因は子宮だけにあるわけではありません。子宮内膜症を引き起こしている「お血」そのものを改善させ、症状を緩和させていきましょう。

お血を改善させる方法①鍼灸施術

鍼灸施術

子宮内膜症の原因であるお血を改善させるために、当店では経絡治療と呼ばれる施術法を採用しています。

経絡治療とは東洋医学に伝わる非常に高度な鍼灸施術です。全身のツボ(経穴)をつなぐ通り道(経絡)に鍼灸でアプローチすることで「気」「血」「水」の循環を促します。

経絡治療を受けられる施術院は全国でも珍しく、それほど習得が難しい施術と言われています。当店は整体やマッサージを行わず、鍼灸の技術だけでお客様の不調改善をサポートしております。

お血を改善させる方法②食生活の改善

食べる

お血を改善させるには食生活の改善も必要です。ここでは、お血体質の方が避けた方がよい食材を紹介します。

避けた方がよい食材・白砂糖

白砂糖はお血体質の方がもっとも避けるべき食材です。白砂糖を摂ることで血糖値が急激に上下してしまい、お血体質を招きます。

白砂糖を完全に避けることは難しいですが、毎日の料理できび糖、てんさい糖、はちみつを使うなど、なるべく最低限の精製で作られているものを選ぶとよいでしょう。

避けた方がよい食材・肉類

肉類もできるだけ避けることをおすすめします。特に牛肉の大量摂取は控えてください。どうしても食べたいときは鶏肉を選ぶようにしましょう。

避けた方がよい食材・乳製品

ヨーグルト、チーズ、牛乳など、乳製品の摂りすぎに注意しましょう。乳製品は高脂肪食品のため、過剰に摂取するとお血の原因となります。

【動画解説】子宮内膜症でお困りの方へ

※施術効果には個人差がございます

おわりに

病院では原因不明の子宮内膜症ですが、東洋医学なら体質そのものを改善することで、症状の出ない体を目指せます。

  • 薬を飲み続けることに抵抗がある
  • 病気を根本から改善したい

このようにお考えの方はぜひ当店にご相談ください!経験豊富なスタッフがあなたの不調改善のサポートをいたします。

お悩みのない未来を当院が実現します
割引キャンペーン実施中
WEB予約受付中
タップで電話する
店舗情報